恋活アプリ

タップル1ヶ月で15人以上とLINE交換したやり方を暴露!

出会いを求めてマッチングアプリを始める人はどんどん増えていますが、多くの人がぶつかる壁が、アプリ内でLINEを交換するという作業です。
ずっとアプリ内でやり取りするには有料会員であり続ける必要があるし、LINEの方が使い慣れてるからやり取りも楽ですよね。

つまり、マッチングアプリは出会いのきっかけとして利用して、どこかのタイミングでLINEを聞き出さないといけないのです。

「LINEってそんな簡単に聞き出せるの?」

「警戒されそう…」

このように、マッチングアプリでLINEを聞く行為に自信のない人は多いと思います。

そこで実際に『タップル誕生』を始めて1ヶ月で15人とLINE交換に成功した私が、とっておきのLINE交換テクニックをご紹介します。

LINEはメールアドレスと比べても遥かに教えるハードルが低く、むしろ女性によっては早くLINEに移行したいと考えている人がいるほど。

ただしLINEを交換する際に意識しておきたいポイントがいくつかあり、タイミングや誘導方法など、成功確率を少しでも上げる必要があるので、この記事に書いてあることを参考にしていただければと思います。

タップルでLINE交換に対する女性の心理

LINEを交換する上で、まずはタップルを使う女性の心理を理解しなければいけません。そもそもマッチングアプリの仕組みで、女性は男性と違ってアプリ内のメッセージでのやり取りが無料で使えるのが一般的です。

タップルも同様で、別にLINEを交換しなくてもお金をかけずに男性とメッセージやり取りができるので、費用面というのは男性と異なります。

タップルからLINEへ移行するメリット

では一体女性はアプリ内でLINEを交換するメリットは何でしょうか?タップルからLINEへ移行するメリットとしていくつかまとめると、

  • アプリ(タップル)をあまり開かない
  • タップルの使い方がよく分からないから操作しにくい
  • LINEだと通話ができる

主にこれらがLINEへ移行するメリットです。ほとんどの女性はタップルの通知をOFFにしていたり、そもそもタップルを開かない人が多かったりします。

さらに女性はタップルだと、毎日多くの男性ユーザーから「いいかも!」やメッセージが送られるので、誰が誰かいちいち把握できないので、一部の男性とだけLINEを交換して落ち着いてやり取りをしたいという心理もあります。

LINEへ移行するデメリット

次にLINEを交換するデメリットや心理的な障壁をまとめると、

  • 個人情報が流出するかもしれない
  • LINEにはトプ画や本名が載っている
  • サクラかもしれない

主にこれらの要因が、タップルでLINE交換を拒む際の女性心理となります。

噂ではLINEのIDを集めて業者に売るサクラもいるようで、こういった悪質ユーザーのせいでLINE交換は怪しまれる行為になります。

また、タップルなどのマッチングアプリはほとんどユーザーネームなので、本名を使う人が多いLINEではプライバシーの問題を懸念する人が多いのも事実です。

ただ、やはりLINEはブロック機能により簡単に危険性を排除できる安心感があるため、私の体感だと6割くらいの女性がLINE交換を承諾してくれる感じでした。

LINE交換を断られた残りの4割も、「カカオトークなら」とか、「もうちょっと仲良くなったらいいよ」など、交換自体を嫌がる女性はほとんどいませんでしたね。

タップルでLINE交換するタイミングとテクニック

ここからはタップル誕生でLINEを交換する具体的なタイミングとテクニックについて詳しく説明していきます。

LINE交換するタイミングについて

そもそもマッチングアプリを使う人の動機として、異性と出会いを求めて使い始めるのが一般的ですよね。つまり、実際に会う気がある人であれば、少しでも相手に興味を持った時点で会える可能性があるということです。

この”会える可能性”というのが大事でして、相手の女性に「この人と会ってみようかな」と思わせることが出来れば、LINE交換は確実に成功します。

つまり、LINE交換を確実に成功させるには、タップルで会う約束をしてからのタイミングがベストです。

LINE交換タイミングのテクニック⑴

このとき、具体的な会う約束の日時は決めず、
「◯◯のカフェに行きたいな」
「なら今度一緒に行ってみない?」
「いいよ!」

このタイミングでLINE交換くらいがちょうどいいです。具体的な日時はLINEへ移行してから設定しましょう。でもここで肝心なポイントが、

「いや、いきなり会おうなんて警戒されるだろ」

という点ですよね。

当然タップルでマッチングしてからいきなり会おうと言っても成功率は低いでしょう。

LINE交換タイミングのテクニック⑵

ですので、マッチング後は相手のプロフィールをじっくり読み、相手の興味のあるテーマを持ち出しましょう。

ここでのコツは、デートに誘いやすいテーマを選ぶことです。

例えば、カフェとディズニーが好きとプロフィールに書いている女性がいたとします。

おそらくほとんどの人がディズニー好きという点で共感したり、どのキャラクターやアトラクションが好きかの話で展開すると思いますが、私ならあえてカフェの話を持ち出します。

理由は、ディズニーの話をしたところでいきなりディズニーランドに誘えるわけではありませんよね?

でもカフェであれば、会話の流れで「近くのおしゃれなカフェに一緒に行こう」という流れに持っていけるからです。

会話のしやすさと会うことを目的としたケースバイケース

会話のしやすさで言えばディズニーをテーマにするのが正解ですが、会うことにフォーカスすれば、最短かつ確実なのがカフェを選ぶような立ち回りです。

ちなみに今回はカフェでしたが、居酒屋やバー、イタリアンやレストランなど、がおすすめです。相手の女性の近所にあるお店をリサーチして詳しいアピールをしましょう。

上手くいけば女性の方から「連れてって!(笑)」となることもあるので、頑張って通アピールしてください。

ここまで到達すれば、「いつカフェに行こうか?ってかLINEでやり取りしない?」という流れに持っていけば、相手の女性も断りにくいです。

せっかくいい感じにきたムードを壊したくないし、「どうせ会うからまぁいいか」となるわけです。

ちなみに私はこのテクニックを使い、1ヶ月でLINEを15人から聞くことが出来ました。いきなり相手の趣味の話をして、なるべく早く会う方向に持っていくので、わずか4~5ラリーのやり取りでLINE交換することも少なくないですね。

1ヶ月で15人以上のLINEをゲットしたテクニック

マッチングアプリを使っている人で多いのが、1人の女性とじっくりメッセージでやり取りしてからお互いの仲を深めようとするケースです。

もし今までこのスタイルだった人には衝撃的なやり方かもしれませんが、私が推奨するLINE交換テクニックは、マッチング後の4~5ラリーで会えるかどうかの判断をすることです。

マッチング後4〜5ラリーで会えるか判断するポイント

どういうこと?と疑問に思う人が多いと思うので、マッチングアプリに対する考え方をおり混ぜて解説します。

まずLINEを交換する方法についてですが、先ほどのように会う流れが作られていることが前提です。

その上でのLINE交換の要点をまとめると、

  • LINEのIDやQRコードは自分から送る
  • 日時を決める際にLINEを使うことを口実にする
  • 退会するからと言ってLINE交換を申し出るのもあり

それぞれについて解説していきます。

LINEのIDやQRコードは自分から送る

特に重要なのはLINEのアカウント情報を自分から送るという点で、これを「LINEのID教えて!」と女性に言うと途端に警戒されてしまいます。そうではなく、「ID教えるから追加してもらっていい?」と言ってあげるだけでもかなり確率は上がるでしょう。

日時を決める際にLINEを使うことを口実にする

デートが決まってから日時を決める際に、「LINEでないと忘れそう」とか「このアプリあまり開かないから」と言ってLINE交換を促してもいいでしょう。

退会するからと言ってLINE交換を申し出る

もう退会するからと言ってみるのも一つの手です。脈がある人であれば反応すると思いますので、使えるネタ全て使った場合は試してみるのも良いかもしれません。

タップル等のマッチングアプリに対する考え方

次に、「いきなりLINE交換なんて大丈夫なの?」と不安な人のために、マッチングアプリに対する考え方を一つ提案させていただきます。

そもそもマッチングアプリというものは、プロフィール写真も加工出来る上に、職業やスタイルなどの基本情報も偽ることが出来る、いわば信憑性の低い他人とのやり取りです。

1度でも実際に会ったことのある人であれば、誤摩化しようがないので誠実な対応を迫られますが、マッチングアプリでやり取りする人なんていつやり取りが終わるか、やり取りしている相手が好みのタイプかどうかなんて保証はどこにもありません。

つまり、マッチングアプリでは少しくらい雑にアプローチをかけてもいいということです。特にタップル誕生は簡単に「いいかも!」を出来るシステムなので、マッチング自体にあまり価値はありません。

ただ、人それぞれ恋愛における価値観は千差万別なので、自分と合った人に出会えるまで片っ端から会いまくるくらいの気持ちで挑みましょう。

LINE交換後にデートを誘うまでの流れ

ここからはLINE交換後、実際にデートに誘うまでの流れを詳しく解説します。

といってもここまで上手く誘導できれば、デートをすること自体は難しくありません。問題はデートまでスムーズに持っていき、相手の女性をより楽しませることですよね。

そこで、タップル誕生を使い半年で30人以上とデートしてきた私が、今までの成功パターンを元にデートを誘う際のノウハウを伝授しましょう。

誘い方⑴:相手の好きなことに共感する

まず最も一般的な誘い方は、好きなお酒や食べ物を聞いてから「俺もそれ大好き!」と偶然好みが一緒であることをアピールする方法です。

例えば、相手がワインが好きな女性であれば、「この前新宿でめちゃくちゃワインが美味しいおしゃれなバルを見つけてさ…」と言えば、比較的誘い出しやすいです。

女性からしても、お店を探さないでいい、お店に詳しい、一緒にいたら色々話して盛り上げてくれそう、といった印象を持つので、会うことのハードルを下げることが出来ます。

「いきなりお酒は警戒されるのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、警戒していてはそもそも女性はLINEを交換しません。

どうしても不安であれば、「次の日朝早いからあまり飲めないけど(笑)」とかを付け足すだけでもだいぶ警戒が和らぎます。

誘い方⑵:もっと突っ込んで話を掘り下げる

先ほどのパターンが難しいようであれば、相手の話をじっくり聞いて、内容が濃くて中身が深いテーマの話を掘り下げる方法もオススメです。

中でもベタなのが、前の彼氏との別れた話や会社の愚痴など、女性は基本話したがりなので、上手く聞き役に徹すれば「今度じっくり聞くよ?」となって誘いやすくなります。

無事にデートに行けたら、帰るまでに次の約束を取り付けましょう。もしこの時点で「もうこの子はいいかな」となればそのままでいいですが、また会いたいならデート中に次のお誘いをしておくとスムーズです。

タップルを利用する女性は会いやすい?

今回のデートに誘うきっかけも、趣味や好きなもので共感をしてから誘うのが鍵ですが、タップル誕生は趣味でつながるのがコンセプトなので、最もこのテクニックがふさわしいマッチングアプリだといえます。

タップルを利用する女性の中には、趣味仲間探しや軽い遊びレベルならいいかな!って女性が比較的多いので、恋活や友達探しをしたい人はタップル誕生が向いているのではないでしょうか。

今回私が紹介したテクニックを使えば、余裕で彼女をつくったり結婚まで持っていくこともできるので、幅広い用途に対応できるでしょう。

まとめ

以上がタップル誕生でのLINE交換までのテクニックやデートのコツについてでした。

基本的なスタンスは、LINE交換やデートに極端な抵抗を示す人は諦めるということなので、LINE交換やデートを断られても即切り替える気持ちが必要です。

タップル誕生は他のマッチングアプリと比べて、出会うまでのハードルが低く、マッチング率は高いので、「確実に女の子とデートに行きたい!」「色んな女性と会ってみたい!」という人にはもってこいのアプリです。

1人の女性に固執せず、タップルで色んな女性と会ってみてから経験を積んでみて下さい。

恋活アプリランキング

当サイトの恋活アプリ利用者ランキングです。

ランキング1位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ